BLOG

Rinka

今日の生徒さんは、千葉から約2時間かけて何度もいらしてくださっています。手先も器用ですし、動画も見られているためか、コツをお伝えすると、すぐに習得されます!素晴らしい!!!作品のお写真の掲載許可をいただくの忘れっちゃった!( ゚Д゚) ので、今日は、教室の写真で!(´▽`)  カービングキャンドルは、作られたことのある方は、ご存知のように、いかにキャンドルが温かいうちにカービングを行うかということが重要です。なので、生徒さんが、デイッピングされてから、「さあ、カット!」って時に他の生徒さんを教えながら少し待って下さいとは、いかないので、同時に生徒さんが、いるときは、時間配分が重要になります。受講料を払って、習得しようと来てくださっている生徒さんに、なるべく、マンツーマンで、ちゃんと教えられる環境をおつくりしています。テルヒブールに来られる生徒さんは、資料の多さにもびっくりされます。「こんなに教えてくれるの!」等喜びのお声も聴きます。ほぼお1人に1人のアーティストが最初から、最後まで、ついています。「やっててください。」という時間は、ほとんどないです。(慣れてきた方で、一人でカットされたほうが集中される場合もあるので、その時は、一度離れます。)

デイッピングもカットも人それぞれの、得意、苦手、癖があり、それを見つけて、また、コツを伝えるためには、しっかりとその生徒さんの手技を見る必要があります。レシピをお渡しして、作ってくださいと言われても、生徒さんもできません。それだけ奥の深いキャンドルだと思います。なので、生徒さんとのプライベート空間に近い雰囲気を作りたいと思っています。リラックスして、肩の力を抜いて、集中して、初めて自分らしいキャンドルが作れると思います。生徒さんが安心して、リラックスして、楽しく、また自分らしくキャンドルが学べる空間をつくっていきたいとおもいます。私は、いつも思います。生徒さんとのキャンドル以外のお話の時間もあり、そんな会話がこの仕事をしている楽しいことの1つだなと。今日も、すごく楽しい時間をいただきました。ありがとうございます!

 

Comments are closed.